手にできた爪水虫はうつる?初期症状や痛みの治し方!

爪水虫 手

手にできてしまった爪水虫に対するよくある疑問についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

手にできる爪水虫の原因は?


爪水虫が手に最初にできてしまうということはまずありません。

寝ている間などに足にできた水虫を掻いてしまい、手の爪の間に白癬菌が入り込むことから、足の水虫が手に移るという経路が一般的です。

手にできる爪水虫の初期症状

爪水虫 手 初期症状

手にできる爪水虫の初期症状は、まず爪周りの皮がむけ始めます。

爪水虫の初期に痛みはないので放置してしまいがちですが、治療を施さないとそのうちに痛みが出てきてしまいます。

手にできた痛い爪水虫の治療薬

手にできた爪水虫が痛いという状況は、実は爪水虫がすでにかなり進行してしまった状況です。

皮膚科を受診して、飲み薬や塗り薬を処方してもらうことをおすすめします。

もし、自分で治したい場合には、市販の水虫薬では効果が期待できません。

なぜならば、水虫薬は爪内部への浸透力が無いからです。

浸透力が高い爪水虫専用ジェルを使うと良いでしょう!

手に爪水虫ができたら料理はどうすればいい?

手に爪水虫ができている状態で料理をする時には、お医者さんが使用するようなピッタリとしたタイプのゴム手袋の使用をおすすめします。

素手では衛生的にも良くありませんし、手に薬を塗っている場合には危険です。

また、食材によって爪水虫で傷んだ皮膚が刺激を受け治りも遅くなってしまいます。

手にできた爪水虫はうつる?

手にできた爪水虫は簡単には人にうつりません。

なぜなら、人には簡単に細菌がうつらないよう皮膚バリアがあるからです。

ただ、アトピー性皮膚炎や湿疹など、皮膚バリアが弱っている人に対しては簡単にうつってしまう可能性があるので注意して下さい。